FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

アルコールの分解速度

私はタクシーの運転手をしていますのでアルコールには大変気を
つかいます。出庫する前アルコールチェック器でアルコールが検出されてしまうと
出庫できずになってしまい、仕事ができません。
なのでアルコールと身体の関係について調べてみました。
アルコールが体内で分解される速度は体重に比例するということです。
どれくらい比例するかというと体重1キロにつき1時間にアルコール0.1グラムの
アルコールを分解するということです。
これでは、あまりわかりにくいので例を挙げると
体重が50キロの人の場合を考えると1時間に
分解できるアルコールの量はどれくらいかというと5グラムということになります。

これでもアルコールの量5グラムといっても実際どれくらいまで飲んでいいのかは
ぴんときません。ということでさらに調べてみるとアルコールには
アルコールの1単位というものがあるのだそうです。
アルコールの1単位とは、20グラム前後の純アルコールを含む酒類の量であって
体重50㎏の人にとっては、4時間でアルコール分解できる量なのだそうです。
アルコールの1単位をさらに具体的にいえば日本酒なら1合、ワインならグラス2杯、
ビールなら中瓶1本、サワー類 (7%)なら1缶、ウィスキーならダブル1杯だそうです。
けっこう飲める量は少ないですね(笑)。
8時間寝るとしてもその倍くらいしか飲めないということになります。
飲酒の打ち止めのタイミングは感覚的にいえばほろ酔い気分になる
位のタイミングにしておいたほうがよさそうです。
これ以上飲んでしまうと、メッセンジャーの黒田みたいな
トラブルのもとになる原因になります。(笑)
スポンサーサイト


仕事 | 2010-01-23(Sat) 18:56:05 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 究極の富と幸せの原則abc All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。