スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

祇園祭の歴史

祇園祭は平安時代前期に始まったと一般に言われています。
西暦でいえば869年(貞観11)です。西暦869年(貞観11)
京都で疫病が流行した時、災厄を
取り除く事が目的でそれを祈ったことが由来と言われています。
しかし、祇園祭り=シオン祭りという説があります。
この根拠はいろいろあげる人がいますが、
例えば、祇園祭りの山鉾巡行が行われる日は7月17日であるが
ノアの箱舟がアララト山に漂着したとされる日も
7月17日であるとか、シオンという言葉は
ヘブライ語で発音すればズィオンとなるわけで
これは、祇園という発音に近いものがあるとか、
祇園祭の山鉾に描かれている絵のなかに、
なぜか、バグダッド宮殿やピラミッド、
砂漠を行くラクダや旧約聖書のなかの
「創世記」第24章に書かれているイサクの
嫁選びのシーンなどが描かれているなど
奇妙な一致点や不思議な点がたくさんみられます。

実際、祇園祭は西暦869年(貞観11)
京都で疫病が流行した時、災厄を
取り除く事が目的ではじめられたとは言われたりするものの
未だ定説はないようで、それゆえ
祇園祭の起源がユダヤにあるという意見も
もしかしたら、そうかもと思わせるものがあります。
祇園祭の他にも日本の神社や祭りの中には、
イスラエルの失われた10部族の風習が秘め
隠されているというわけです。
ちなみに、日本で神輿を担ぐときに使われる
「エッサ」という掛け声がありますが
この、「エッサ」という言葉は
ヘブライ語の意味でいうと運ぶという意味なのだそうです。


スポンサーサイト
歴史 | 2010-03-07(Sun) 10:15:11 | トラックバック(-) | コメント:(0)

Copyright © 究極の富と幸せの原則abc All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。