FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

タクシー運転手と高速道路無料化②

山崎養世(やまざき やすよ)という人がいます。
山崎養世氏は、以前から高速道路の無料化論を
中心とした論説を主張している人で、
民主党のマニフェストに掲ている
高速道路無料化の発案者といわれています。

山崎養世氏の考えでは、
高速道路無料化は、
・流通コストの引き下げを通じて、生活コストの引き下げを図る。
・高速道路の出入り口を増設して、今ある社会資本を有効に使う。
・地域経済を活性化する。
などのメリットがあります。

前回、私はタクシー運転手にとって
高速道路無料化は、メリットがあるのかどうか
考えてみて、メリットがあると思ったが、
高速道路無料化は、一般的にいっても
メリットは大いに期待できる政策なのです。

しかし、なぜ前原国土交通大臣は、
高速道路無料化を実施しようとしないのか?
・JRやフェリーの利権を守るため。

前原国土交通大臣は、高速道路無料化の予算が
マニフェストの6分の1にまで
減らされるのを放置してきてその結果
新しい通行料金は、8割の利用者にとっては
値上げになります。

実は、国土交通省は、タクシーに対しても
規制を強めています。
国土交通省のタクシーに対する新たな規制は
2つあります。
・1日のタクシー走行距離の距離規制。
・ワンコインタクシーなど低価格タクシーの
初乗り運賃の引き上げ。

このふたつです。
タクシーの規制を強めることで、得をするのは誰なのか。
・JRなど鉄道会社。
・バス会社。
・料金が高いタクシー会社。

タクシー運転手からみて、前原国土交通大臣は、
JRなど鉄道会社、バス会社、
料金が高いタクシー会社から多くの
キャッシュバックを受け取っているんじゃないかと
疑いたくなる点があります。

今まで自民党がやってきた「利権政治」や
「族議員政治」から脱し、生活者・消費者を重んじる
政治に改革することを民主党に期待して
投票した国民が多かったはずですが、
前原国土交通大臣のような
自民党のスパイとさえ言われるような
ことを平気でやっている議員を野放ししている
民主党にもたいへんな疑問を感じてしまいます。

ガソリンの暫定税率も復活したし、
前原国土交通大臣の更迭など
責任を取らして、マニフェストの
実現に徹する方が、谷亮子を立候補させるよりも
ずっと参院選の票集めになると
思うんですがどうでしょうか?

スポンサーサイト
仕事 | 2010-05-21(Fri) 22:36:32 | トラックバック(-) | コメント:(0)

タクシー運転手と高速道路無料化

私はタクシー運転手ですが、高速道路無料化が
もし実現したらどうなるだろうかと
考えることがあります。
高速道路無料化とは、あの民主党が
マニフェストに掲げたあれです。
たぶん、高速道路無料化しても
メリットとデメリットがあると思います。
タクシー運転手にとっての
高速道路無料化のメリットデメリットを
ちょっと考えてみました。

<メリット>
・一般道路の渋滞が緩和される。
・料金所がなくなるので高速道路の渋滞が減る。
・道路の渋滞が緩和されることで、タクシーを
使おうというお客さんも増える。
・高速道路で長距離のお客さんを送った場合
帰りの高速代は自腹になるが、その負担が減る。
・高速道路を自由に効率的に使えるようになることで
仕事もたくさんできるし、収入は増える。

<デメリット>
・高速道路無料化になると誰も彼も
みんな高速道路を使うようになって高速の渋滞が
増えるかもしれない。

なんとなく、思いついたことを書いてみたが
メリットの方が多いような気がします。
デメリットの高速道路の渋滞の可能性も
ETCや料金所を完全撤廃して、高速道路の
出口を今よりも増やせば、そんなにないような
気がします。

なので、タクシー運転手としては
高速道路無料化は、たいへんいい改革だと
思いますが、中途半端な案を民主党は
小出ししています。
お客さんからの噂では、前原国土交通大臣は自民党の
スパイなんだそうです。
なので、前原国土交通大臣は高速道路無料化を
本気で実施したくないんだそうです。

仕事 | 2010-05-11(Tue) 21:23:12 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルコールの分解速度

私はタクシーの運転手をしていますのでアルコールには大変気を
つかいます。出庫する前アルコールチェック器でアルコールが検出されてしまうと
出庫できずになってしまい、仕事ができません。
なのでアルコールと身体の関係について調べてみました。
アルコールが体内で分解される速度は体重に比例するということです。
どれくらい比例するかというと体重1キロにつき1時間にアルコール0.1グラムの
アルコールを分解するということです。
これでは、あまりわかりにくいので例を挙げると
体重が50キロの人の場合を考えると1時間に
分解できるアルコールの量はどれくらいかというと5グラムということになります。

これでもアルコールの量5グラムといっても実際どれくらいまで飲んでいいのかは
ぴんときません。ということでさらに調べてみるとアルコールには
アルコールの1単位というものがあるのだそうです。
アルコールの1単位とは、20グラム前後の純アルコールを含む酒類の量であって
体重50㎏の人にとっては、4時間でアルコール分解できる量なのだそうです。
アルコールの1単位をさらに具体的にいえば日本酒なら1合、ワインならグラス2杯、
ビールなら中瓶1本、サワー類 (7%)なら1缶、ウィスキーならダブル1杯だそうです。
けっこう飲める量は少ないですね(笑)。
8時間寝るとしてもその倍くらいしか飲めないということになります。
飲酒の打ち止めのタイミングは感覚的にいえばほろ酔い気分になる
位のタイミングにしておいたほうがよさそうです。
これ以上飲んでしまうと、メッセンジャーの黒田みたいな
トラブルのもとになる原因になります。(笑)

仕事 | 2010-01-23(Sat) 18:56:05 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © 究極の富と幸せの原則abc All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。